面接では資料を持参すべき!30歳無職職歴無しが大企業合格で使った武器

転職成功術
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!
管理人のぷるです!!

今回は面接では自作資料を持参すべき!30歳無職職歴無しが大企業合格で使った周りと差をつける最強武器というタイトルでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

管理人のプロフィール

↓↓僕の詳しい経緯は過去の記事がありますのでぜひともご覧ください!

こんな僕は30歳無職職歴無しから見事大企業に就職した逆転人生を成し遂げたのですが、やはり面接では一番苦労しました。

しかし、そんな僕でも面接に持って行くと必ず感心されたのが自作した資料です!

そんな大層な資料ではありませんがその武器一つでだいぶ内定をもらいやすくなったことは事実です。

さらにその武器を持っているというだけで、だいぶ自分の中での自信が出てくるのでぜひみなさんも真似してみてください!

この記事を読むと・・・

・面接に通りやすくなる武器がわかる
・自分の頭の中を言語化、図式化できる
・資料の作り方が分かる

ようになります。

そもそもなぜ資料が必要なのか

まず初めに、みなさんが現在超一流大学や超一流企業に勤めていて華々しい成績や流暢な外国語が喋れるのであればなんの問題もありません。

それらがすでに資料の代わり、目に見える実績として提示することができるのです。

しかし僕のような”30歳無職職歴し”の人間は履歴書に書ける実績など皆無。

いくら面接で・・・

ぷる
ぷる

コミュニケーション能力活かしてがんばります!!

と言っても口だけに思われますし、何より他の候補者と並んだ時に埋もれてしまうことは間違いありませんでした。

大切なことは他の候補者との差別化

そう考えた僕は自分を『差別化』することにしました。

ぷる
ぷる

人と変わったことして印象付けよう!
何とか爪痕を残してやろう!!

芸人時代の思考がここに役立ってくるとは思いませんでした。

なんとしても面接官の印象に残る、こいつ面白そうだなと思わせるためにも資料を持参すると言う作業は必須なのです。

資料を提示すると何が良いのか??

資料を持参すると差別化を図れることはもちろんなのですが他にもいいことがいくつかあります。

自分の頭の中にあることを資料が図式化、言語化してくれてる。

面接に挑む際、みなさん必ず何を喋ろうかあらかじめ考えているはずです。

しかし考えたことの2割しか話せなかった緊張でうまく話せなくて終了したなんていう経験あると思います。

そんな時に資料があれば自分の頭の中がその資料を見ればすぐに分かります。

喋る内容も資料に書いてありますので言ってしまえば・・・

”台本を見ながら面接してる”と同じことなのです。

自分の頭の中のことを最大限プレゼンできるのが資料なのです。

自分のリズムで話すことができる

面接の際に思った質問が来なかったいい流れで進まなかったと言うこともあるかと思います。

もちろん面接官も人間ですから自分の思ったように進むなんてことは絶対にありません。

しかし資料を出すことで・・・

自分の長所やアピールポイントなどを全て自分のリズムで、自分の流れで説明することが出来るのです。

さらにその後資料について質問されたらこちらのペースで面接が進められるのでおすすめです。

資料を作ることで自分の頭の中を整理することができる

僕の資料持参の本当のおすすめはこれです。

資料を作るためには自分がどんなことを行なったのかをまとめるのですが、そのためにはまず自分でしっかりとどう実践したのかを自分自身が理解していないといけません。

『資料を作ること』=『自分の頭の中を整理すること』なのです。

さらに見やすい資料を作ろうとすれば自然とPowerPointやGoogleスライドなどのスキルも磨かれ面接官に発揮していることとなるのです。

百聞は一見にしかずではないですが九手で説明するより実物を見せることの方が説得力が違います。

では実際にどのような資料を作れば良いのか

就活生
就活生

じゃあ実際にはどんな資料を作ればいいの?!

今回は僕が実際に面接に持参した資料をお見せします。

これは僕がお笑い芸人をしていたときにTikTokを活用して登録者を伸ばした施策を6枚のスライドにしたものです。

↑Googleスライドのリンクも貼っておきます!

それでは詳しく解説していきます。

資料で何を伝えたいのか

まずはこの資料を見せて面接官に何を伝えたいのかを決めます。

この資料で言うなら・・・

・TikTokで4ヶ月で25,000人の登録者、100万回再生を獲得しました。
・登録者を獲得するためにこういう作戦を考えました。
・その作戦を実行するためにこういう行動を起こしました。
・途中課題が生まれたけどこのような改善案を出しました。

大切なのは結果よりも過程

怒った就活生
怒った就活生

TikTok25,000人いないと無理ゲーじゃん!!怒

このように思う方もいるかもしれません。

しかしここでものすごく大切なのが何をしたかと言う”結果”は何でも良いのです。

資料作りで最も大切なこと

結果に向けて何を考えて、どのように行動したかと言うことが本当に大切なんです。

僕の場合は『自分でマーケティング戦略を考えてPDCAサイクルを回した』これが目標に対しての過程です。

なぜ目標だけだと良くないかと言うと結果はあくまで結果です。

そこに再現性があるかと言うとまぐれかもしれないし偶然かもしれません。

ぷる
ぷる

御社に入社しても同じような考え方でどのような課題に対しても成果出せまっせ!

と示すことが一番大切なのです。

資料の魅せ方

資料はなるべく細かく作ったほうが説得力がありますがその全てを説明していては日が暮れてしまいます。

僕は強調させたいところを黄色いラインで引き面接ではそこだけを説明していました。

そして村ページで言いたいことを下の”Point”のところでようやくして発表していました。

最悪結果ありきでもいいから資料を作る!

『そんな考えて行動してないよ!』って人も多いと思います。

考えたとしてもうまくいくとも限らないです。

僕は最悪結果から作っても良いかなと思っています。

こう言う成果があるから、それを達成するためにこう考えたことにしてみよう

それでも良いと思います。

その資料を作ることで過程を学び今後に必ず行かせることが出来るので何も過程がない人は成果から作るのもアリかなと思います。

面接での資料の出し方

それでは面接本番の話ですが『資料への誘導の仕方』についてご説明します。

ここでのポイントは一つです。

長所を発表するときにやや抽象的な表現を含めること

これは少し難しいのですがハマった時にはかなり自分のペースで進めることができます。

僕の場合は・・・

ぷる
ぷる

SNSがんばりました!

面接官
面接官

どのように頑張ったのですか??

ぷる
ぷる

自分で戦略を立てて登録者伸ばしました!

面接官
面接官

どんな戦略ですか??

ぷる
ぷる

当時の戦略をまとめた資料を作成してきましたのでみていただいてもよろしいでしょうか?

この流れが来れば最強でした。

ちょっとバカっぽいですがわかりやすく言うならこんな感じです。

ここでは”自分で作戦を〜”と言ったところに抽象的な表現を含めることで面接官が『どんな作戦?』と深掘りをしてくれるのを待つのです。

この流れで間違いなくあなたのペースに持っていけること間違いなしです。

その際の注意点

ここで一つ注意点ですが、先ほど”抽象的を混ぜる”と言いましたが抽象的な表現はここだけにしてください。

もし仮に他にも抽象的な表現がある場合はどこを深掘りされるかわからずにかなり散らかった面接になりかねません。

ここが難しいと言ったポイントなのですが『長所の箇所だけをやんわりとする』これを心がけるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際資料と言っても6枚程度の簡単なスライドです。作成するのも1日あれば充分無クオリティでしょう。

しかし面接で持っていくとかなりの力を発揮してくれることは僕が証明します。

ちょっと面倒かもしれませんがあなたのこれから一生が決まるかもしれない面接に挑むための道具です。

必ず良い結果のお供になるはずですのでぜひみなさんも試してみてください!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました